選ばれる理由

自己学習するAIが業務効率をどんどんアップさせます

迅速な対応で顧客満足度を向上。時間コストを削減。

シンクオウルのAIは、「自己学習アルゴリズム」により、毎回の動作を学びながら自己最適化するというシンプルな方法で学習し、時が経つほど賢くなっていきます。

このアルゴリズムは、基盤システムである ITyXで確立・最適化され、IKEAやBoschといった大企業での問い合わせやチケット分類にも使われています。

シンクオウルは、効果的に行われた問い合わせ処理を記憶し、次の問い合わせでの最適な返信を考え、提案します。問い合わせ処理にかかるコストを削減し、迅速かつ的確な回答で顧客満足度を向上させます。

メールやチャットの応対に「スマート返信」

問い合わせ対応画面に回答のヒントが表示される

スマートレスポンス

シンクオウルの「スマート返信」機能により、過去に扱われた問い合わせの中から、返信案として最も良いものを定型文として自動的に提案します。返信文を書く時間を短縮できます。

ウェブチャットでも、シンクオウルは過去のチャット応対記録から学び、回答を提案します。

ドキュメントと記事

シンクオウルは、回答に必要な参照資料やナレッジベースの情報を自動表示し、担当者がすぐに参照できるようにします。

必要な情報をあちらこちらのシステムで探し回り、時間だけが過ぎていく…ということはもうありません。

類似のケース

過去の類似した問い合わせ内容も、シンクオウルが自動的に検索して表示します。過去にどのようにケースが扱われていたかを見ることができ、回答のヒントにすることができます。

 

ワークフローの自動化

繰り返される単純な業務フローを自動化。担当者はより高度な業務に集中できます。

メールを自動で分類、ルーティング

ワークフローの自動化により、受信したメールは、問い合わせの種類、回答に必要とされるスキル、緊急度に応じて、適切な担当者に割り当てられます。

担当者のスキル不足で回答に手間取ることも、緊急度の高い問い合わせの回答が遅れることももうありません。

チャットも適切な担当者へ

ウェブチャットからの問い合わせも、サイト訪問者の行動に応じて、最も適切な担当者へとルーティングすることが可能です。

アーカイブも自動化

メールやチャット、SNSでの返信が完了した際にも、問い合わせ履歴のアーカイブ化を自動で行えます。

データとして蓄積される問い合わせ履歴は、シンクオウル内でレポートにしたり、分析したりすることができます。またナレッジベースやカスタマーポータルの自動作成も同時に行えます。

問い合わせ管理にAIガイドモード

緊急度の高い問い合わせを見逃さない

どのチャネルの、どの問い合わせから対応したらいいか、迷うことはもうありません。

シンクオウルなら、SLAを設定し顧客ごと、契約ごとなど条件別に何から扱えばよいか設定することができます。

AIガイドモードを使えば、AIがどの問い合わせから扱えばよいか教えてくれます。

シンクオウルを選ぶ。その効果

  • ケース処理スピードを最大70%アップ
  • ケース処理時間を短縮してコストも削減
  • より迅速かつ的確なサービスで顧客ロイヤリティを向上
  • 顧客担当チームの効率を劇的にアップ
  • 顧客をより良く理解
トップへ戻る

 無料で資料をダウンロード