ThinkOwlとは

ThinkOwlは
AIとRPAを組み合わせたインテリジェントオートメーションにより、
メールの問い合わせ処理を最適化するシステムです。

とはいっても、すべての処理を自動化するのではなく、
AIと人がそれぞれ得意な分野を分担し、協業することで最高のパフォーマンスをひきだします。

2分でわかるThinkOwl

ThinkOwlが実現すること

1.問い合わせ処理スピードを最大70%アップ。コスト削減。

ThinkOwlのAIは、人間がより良い判断ができるようサポートする「コグニティブ・コンピューティング」に分類されます。

「自己学習アルゴリズム」により、毎回の動作を学びながら自己最適化するというシンプルな方法で学習し、時が経つほど賢くなっていきます。このアルゴリズムは、ThinkOwl社の母体となるITyX社の基盤システムで確立・最適化され、IKEAやBoschといった大企業での問い合わせやチケット分類にも使われています。

ThinkOwlは、効果的に行われた問い合わせ処理を記憶し、次の問い合わせでの最適な返信を考え、提案します。
問い合わせ処理のスピードを最大70%アップさせ、それがコスト削減につながります。

2.担当者、チームの効率を劇的にアップ! 顧客ロイヤリティを向上。

ThinkOwlのAIは、問い合わせの内容を分析し自動的にカテゴリ分けをしたり、問い合わせを扱うのに最適な担当者へルーティングしたり、お客様が必要していると思われる情報を担当者に提案したりと、迅速かつ的確に回答できるよう担当者を手厚くサポートします。

また、よく繰り返される処理を自動化することで、担当者はより高度な問い合わせへの対応に時間を割くことができます。

問い合わせ処理がスピードアップし、的確な回答をすることはもちろん、プラスアルファの情報提供や、お客様ひとりひとりに合わせた柔軟なサービスの提供を可能にします。

3.顧客をより良く理解し、さらなる改善に。

メールなどのお客様からの問い合わせは構造化されていない文章であることがほとんどです。
ThinkOwlのAIは、その非定型文章からキーワードや用語の出現頻度や傾向を把握し、お客様が何を求めているのかを知るのに役立つ情報を引き出します。

得られた情報は、グラフィカルにレポート化したり、様々な要素でフィルタリングすることができます。
標準的なKPIレポートももちろん利用可能です。

AIのサポート&自動化で、問い合わせ処理スピードを最大70%アップ

AIについてこんなイメージがありませんか?

ThinkOwlはAIと人が協業します。だから成功します。

ThinkOwlのAIは常に人間の担当者の対応から学び続けます。 一方、担当者は、AIによる手厚いサポートにより、日々の業務効率を飛躍的に向上できます。 AIと人がそれぞれの得意分野を生かすから、サービス業務が劇的に簡素化されます。

ThinkOwlのAIは継続的に学習します。

トレーニングをした後も、日々の業務からデータを学び続けるため、精度がどんどんあがっていきます。 使用開始までの敷居が低く、使いながら最適化していくことができます。

リーズナブルな価格で利用できるクラウドサービスです。

ThinkOwlは現実的に導入可能な価格帯のクラウドサービスです。 3~4人程度の小規模なチームで、メール限定などチャネルを絞り、小さく始めて、徐々に大きくしていくことができます。

開発元ThinkOwl社について

ThinkOwl社は、AIベースのソフトウェア・ソリューションのマーケットリーダーとして、20年の開発経験をもとにThinkOwlを構築しました。

母体となるITyX社は、「自己適応型」ソフトウェアソリューションの先駆的プロバイダとして知られ、大手保険会社(アリアンツ)から大企業(ボッシュ)、グローバル小売業者(IKEA)などの国際ブランドにおいて、インテリジェントオートメーションソフトウェアを導入しています。

トップへ戻る