未来志向の脱紙文書を:fileee Conversationsを使ったカスタマーサービス-Part2-活用事例編

ペーパーレス アプリ

前記事「未来志向の脱紙文書を:fileee Conversationsを使ったカスタマーサービスPart1」では、お客様側のfileee(ファイリー)アプリと企業側の問い合わせ管理システムThinkOwl(シンクオウル)を橋渡しする新しいソリューションfileee Conversations(ファイリー・カンバセーション)をご紹介しました。
Part2の今回は、脱書類を導く未来志向のソリューションfileee Conversationsの機能がフルに活きるシーンを3つほどご紹介します。

 

1.お客様と企業双方を向いた賢いフォームとして

確定申告やローンの申し込み、オンラインショッピングの注文など私たちは毎日のように様々なフォームに入力しています。
この入力作業、意外と時間が取られているものです。複数のフィールドに何度も同じ情報を入力しないといけない場合などは特にそうです。

じゃあPDFフォームを採用すれば?となるかもしれません。残念ながら、PDFフォームでは役不足であると言わざるを得ません。
なぜなら、PDFでやり取りする場合、書類を印刷して記入し、もう一度スキャンして送信しなければなりませんよね。
つまり、PDF化しても費やす時間と労力は変わらない、もしくは今まで以上にかかっているかもしれません。さらに、プリンターなんてもうだいぶ前に処分しちゃったよ…なんて人も少なくないのでは。

また、たいていの企業は受け取ったデータを手動で転送していますから、企業側だってそれらを処理するのは楽じゃありません。

そこで、fileee Conversationsです。
お客様がfileee Conversationsのモバイルフォームから入力すると、企業側のThinkOwlに搭載されたAIが既存のドキュメントから関連データを抽出して自動的に書き込んでくれます。

お客様はAIに学習させるための情報を入力するだけです。あとはAIが入力内容から自己学習し、自動で検証します。ここまでくれば、ミスをおかす恐れもありません。

また、デジタル認証やデジタル署名機能があるので、デジタル化を総合的に推し進められるだけでなく、モバイルに最適化されたプロセスを作り出すことができます。こうしたプロセスでは、データを暗号化しローカルサーバーに保存するので、セキュリティー面も安心です。

fileee Conversationsを使うと、これまでの様々な手続きをガラッと変えることができます。顧客側のfileeeアプリと銀行側のThinkOwlがインテリジェントに統合されている様子をビデオでご覧ください。

 

 2.安全でサステナブル、安価なメールボックスとして

私たちは毎年何百通もの郵便物を受け取り、それらの要不要を見極め、分類し、必要なものはファイルしています。
ファイリング作業には時間がかかりますし、なによりこうした書類を保管するには場所が取られます。年々増えていく書類ファイルの置き場に困っているという人も多いのではないでしょうか。

企業側もメール配信するにあたって、たくさんの時間とコストをかけています。

ここでもやはり、fileee Conversationsです。
fileee Conversationsの書類提出・受領フォームを使えば、わずか数秒でお客様に手紙や書類を送ることができます。

送信方法は合法かつ安全なので、電子メールでのやりとりが許可されていないような機密文書や重要書類でもお客様に安心して送信することができます。

お客様側のfileeeアプリでもThinkOwlに搭載されたAIを活用した書類の自動ファイリングシステムが提供されています。
ですから、お客様も受け取った書類を分類する必要はありません。

書類提出・受領フォーム:特長

  • 高いユーザー率
  • 高度なデータ保護性
  • 郵送費用ゼロ:コスト最大81%削減
  • 企業のサステナビリティを劇的に向上させる

 

3.従業員管理プラットフォームとして

出張経費報告、給与明細など、人事部では多くの書類を扱いますが、すべてのプロセスが完全にデジタル化されているという企業はまだまだ少ないようです。

従業員は、領収書やレシート、診断書などを紙の形で提出していますし、人事部は、給与明細や契約書を郵送しています。
こうしたプロセスは、時間の無駄であるばかりでなく、書類の紛失など事故発生の原因にもなりかねません。

fileee Conversationsの従業員管理プラットフォームなら、労務管理プロセスを革新できます。
従業員はスマホから請求書や診断書、領収書などをスキャンしてアップするだけ
会社側では、送られたデータをThinkOwlに搭載されたAIが分析し、適切なフォームに自動で入力します。あとは、クリックするだけでデータが従業員管理のデジタルシステムに安全に転送されます。

お客様の喜びの声

「書類提出・受領フォームを使うようになって、お客様目線でサービスを提供できるようになっただけでなく、デジタルソリューションがお客様にとって良い刺激にもなっています。プロジェクトは成功を収め、複数の分野で収益が上げられるようになりました。
これまでもfileee Conversationsを通して多くの知見を得てきましたが、今後もデジタル化を進めるうえでのfileee Conversationsとのさらなるコラボレーションを期待しています。」
ドイツの保険会社VGHインシュランス、デジタルテクノロジーセールス責任者、Sebastian Marski氏

 

ウィズコロナの新しい生活様式が求められている今、外出や対面、出社を極力減らしつつもこれまでと同等、いや、それ以上のサービスやパフォーマンスを提供できるツールに多くの注目が集まっています。
fileee Conversationsは、企業にはコスト改善や業務効率化、そしてお客様には利便性と安全性を実現。みんなが笑顔になれる新しいペーパーレス実現ツールです。

詳細については、ぜひCBAまでお問い合わせください。

未来志向の脱紙文書を:fileee Conversationsを使ったカスタマーサービス-Part2-活用事例編
トップへ戻る