ThinkOwlの設定方法

10分でできる、ThinkOwlの初期設定

ThinkOwlでは、お客様が様々なチャネルから送信する問い合わせが、ケースとして管理されます。

そこで、問い合わせを受信してユーザーが対応できるように設定する必要があります。

優先チャネルでの設定を始めるにあたり、10分でできる、Eメール対応の設定についてご説明します。

Eメール設定について

チャネルからメールを設定すると、顧客が直接サポート用メールアドレスにメール送信できるようになります。サポート用メールアドレスに送信されたメールはすべてケースとして処理されます。管理者権限を持つユーザーは、業務に必要なだけサポート用メールアドレスを設定できます。

サポート用メールアドレスの種類を以下の二種類からお選びいただけます。

  • アカウント作成時にデフォルトで作られるThinkOwlサポートアドレス
  • 管理者ユーザーが設定する外部サポート用アドレス

チャネル構成について詳しくはチャネルをご覧ください

カテゴリーの作成

問い合わせのタイプに応じて、デスク内の様々なカテゴリーに問い合わせを分類できます。
管理者ユーザーは、業務に必要なだけカテゴリーを作成できます。その後、カテゴリー別に問い合わせを分類するためのディスパッチャールールを設定します。

カテゴリーの作成は簡単です

  1. 「管理者」>設定したいデスクを選択
  2. 「生産性」セクションから「カテゴリ」を選択
  3. 「新規カテゴリー」をクリックしてカテゴリーを追加
  4. カテゴリー名を入力して、「保存」
  5. 追加したいカテゴリーに応じて、上記のステップを繰り返す

ユーザーとグループを追加する

各担当者がThinkOwlにサインインして、問い合わせケースを処理できるように、ユーザーを作成します。
加えて、サポート業務を円滑に管理できるようにグループを追加することができます。
すでにThinkOwlをお使いでしたら、デフォルトのグループが作成されています。

グループは様々な目的で作成していただけます。通常、専門分野や地域、言語等でグループ分けして組織されます。

ユーザーやグループの管理については、ユーザーアカウントの設定グループの設定をご覧ください

これで、問い合わせを受信してケース処理を開始する準備が整いました!

もちろん、まだまだお使いいただける機能や設定内容はたくさんありますが、基本的な設定は完了です!

ThinkOwlの設定方法
トップへ戻る